パンダガチ勢の方閲覧注意です

★荒野行動再生リスト

★PUBGmobile再生リスト

★シャドウバース

★ゆっくり解説再生リスト

★Twitter

■使用BGM

DOVA-SYNDROME様
https://dova-s.jp/

MusMus様
http://musmus.main.jp/

みんなの反応

  1. パンダスキンが当たったならやるしかないじゃない!(>ω<)

  2. 場違い感すごいけどAKのコピペ貼っとこ()

    AK-47(ロシア語: Автомат Калашникова образца 1947 года(アフトマットカラシニコバソーラクスェーミ)、ラテン文字転写: Avtomat Kalashnikova-47)は、ミハイル・カラシニコフが設計し、1949年にソビエト連邦軍が制式採用した自動小銃である。

    AK-47
    AK-47 assault rifle.jpg
    AK-47
    概要
    種類
    軍用小銃
    製造国
    ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦(開発国)
    設計・製造
    設計 ミハイル・カラシニコフ
    製造 イジェフスク造兵廠、トゥーラ造兵廠など
    性能
    口径
    7.62mm
    銃身長
    415mm
    ライフリング
    6条右回り
    使用弾薬
    7.62x39mm弾
    装弾数
    30発
    作動方式
    長ガス・ピストン式
    回転ボルト閉鎖
    セミ/フルオート切替射撃
    全長
    870mm
    重量
    3,900g(マガジン無し、III型)
    4,400g(マガジン付、III型)
    発射速度
    600発/分
    銃口初速
    730m/s
    有効射程
    600m
    テンプレートを表示
    実戦の苛酷な使用環境や、戦時下の劣悪な生産施設での生産可能性を考慮し、部品の公差が大きく取られ、卓越した信頼性と耐久性、および高い生産性を実現した。

    この特性から、本銃はソビエト連邦のみならず、全世界に普及した。基本設計から半世紀以上を経た今日においても、本銃とその派生型は、砂漠やジャングル、極地など、あらゆる世界の地帯における軍隊や武装勢力の兵士にとって、最も信頼される基本装備になり、『世界で最も多く使われた軍用銃』としてギネス世界記録に登録されている[1]。

    本記事では、直接の改良型であるAKM、その他7.62x39mm弾を用いるシリーズ製品、および各国で生産されたモデルについても記述する。

    目次
    開発 編集

    元々赤軍戦車兵だったミハイル・カラシニコフは、負傷入院中に銃器設計への関心を強め、1942年から小火器設計に関わる。

    1940年代中頃、カラシニコフを含む複数の設計者は、火薬量を抑え反動を軽減した中間弾薬の一種である新型弾薬7.62x39mm弾を用いるセミオートマチック・カービンの設計に着手。最終的にセルゲイ・シモノフ(英語版)の設計案が支持され、1945年にSKSカービンとして採用された。この時、ソ連当局では並行しナチス・ドイツが独ソ戦において投入したStG44と同種の「アサルトライフル」開発を計画。最有力候補は、短機関銃の設計者として著名なアレクセイ・スダエフが手がけたAS-44(ロシア語版)突撃銃だったが、スダエフの死去により頓挫。ほかにも、さまざまな設計案が出たが、戦後1946年、カラシニコフの、AK-46設計案が最初の審査に合格。さらに1年を費やし改良、1948年に最優秀設計案として限定先行量産が決定。そして軍での試験運用を経て、1949年ついにソビエト連邦軍の主力小銃として制式採用[2]。

    戦車兵だったカラシニコフは設計の専門教育を受けていなかったため、AK-47設計の際も正しい設計図面を描けなかった。彼に代わって図面を描いたのは、後に妻となる女性技師エカテリーナ・ヴィクトロヴナ・モイセーエフ(Ekaterina Viktorovna Moiseyeva)であった[3][4]。 当初の制式名称は「7.62mm アフトマート・カラシニコバ」であり、「AK-47」の呼称は、後にいくつもの改良型が登場したため、それらと区別するためであった[5]。

    構造 編集

    56式自動歩槍(中国製AK-47)の断面図
    AKは、StG44の基本概念を直接継承した製品で、レイアウトにも共通点があるが、閉鎖・撃発機構には米国のM1カービンなどからの影響[6]を受け、その基本構造も独自のものである。

    AKは、StG44と同様にロングストロークガスピストン方式を用い、銃身上にガスピストンを位置させた設計を継承し、長いバナナ型弾倉と、ピストルグリップを持つ共通した設計で構成されている。

    ボルトを開放/後退させるボルトキャリアは、ガスピストンと一体化したデザインであり、ボルトと一緒に前後動する総重量の大きさから命中精度は悪影響を受けているが、他方でその慣性力とあいまって泥汚れなどにも耐える確実な作動性を実現している。さらに、銃身と薬室の内部、ガスピストン、ガスシリンダー内部には耐腐食性・耐摩耗性に優れたクロムでメッキされ、腐食[注 1]や摩耗を抑えている。

    ボルトは、ボルトキャリア内側のカム溝によって、その前後動とともに約35度回転させられ、ボルト先端の突起が銃身基部の切り欠きと嵌合/解除する事で、薬室の閉鎖/解除を行う。ボルトキャリアを前進させるリコイルスプリングは後方に位置し、分解時に飛び出して紛失する事を防ぐため、ワイヤーを折り曲げたストッパーを内蔵させて一定の長さ以上に伸びないよう工夫されている。

    撃発機構は大きく余裕を持ったレシーバー(機関部)内の空間に位置し、泥が侵入しても動作に支障が起き難いよう設計されている。ハンマー(撃鉄)などを動作させるスプリングは、極寒の北極圏から灼熱の砂漠地帯まで、変化に富んだソ連全域で使用できるよう、MG42を参考に2本のピアノ線を捻ったものが使用されている。

    レシーバー右側面にはダストカバーを兼ねた大型のセーフティレバー兼セレクターがあり、カバーを閉じた状態は安全位置となり、引き鉄がロックされ発射できなくなる他、ボルトも不完全な位置までしか後退できなくなる。セーフティの解除には右手をグリップから離して、親指を使って押し下げる操作が必要であり、解除の次は全自動位置となり、さらに押し下げると半自動位置となるが、グリップから手を離さずに全ての操作が可能な欧米諸国のアサルトライフルに比べて、セーフティ解除から発射まで時間がかかり、操作の際に大きな金属音が出る弱点がある。AKから派生したイスラエル製のガリルは、セレクターと連結したレバーをレシーバー左側面にも設けてある。

    銃身と銃身基部の接合は、AK-47ではネジ込み固定とされていたが、AKMでは銃身を圧入した後に一本のピンで固定する方法に改められ、中国製の56式自動歩槍などでは、ほとんど全てがAKMと同じ固定方法を用いている。

    銃身途中にはガスポートが穿たれ、ガスシリンダーを取り外すと肉眼で目視できるため、作戦行動中にガスポートが詰まってしまっても、兵士が自力での対応も可能である。

    リアサイト(照門)は、ボルトアクション式小銃と同様のタンジェントサイトと呼ばれる種類である。横方向への修正は専用工具でフロントサイト(照星)を調節して行う。M16などの上下左右に微調整できるピープサイトに比べて照準時の精度は低く、使用時の微調整が困難だが、視界が広く、素早く照準を合わせられる利点がある。射程は800mまで対応している。

    カラシニコフは設計にあたって、開発当時、専門教育・高等教育を受けていない新兵達にも取り扱いが容易な様に、彼らの気持ちになって様々な工夫をしたと述べている[5]。

  3. サムネだけで誰か分かる系投稿者

  4. パンダ衣装…バトルパス…エモート…

    あっ…(察し)

  5. 課金したい
    パンダとかカエルホシィ

  6. 人の課金は蜜の味!

  7. 動物園パンダは可愛いけど被ると言葉が悪いから嫌だ

  8. ランボルギーニ欲しい

    けど

    課金しない

  9. もしかしてウェンカムイって
    ゴール◯ン◯ムイで覚えたな?

  10. パパンがパン!パパンがパン!

    知ってる人いいね!(いいね稼ぎ初めてしました)

  11. うわーーーーー
    ここ地震が凄かった(ヽ´ω`)

  12. パンダじゃなイカ( ^ω^)ニコッ

  13. それフォート〇ナイトにもあったw

  14. くまパンダ!

  15. 僕もパンパンしたい。

  16. 魔理パンダの方もお願いしますw

  17. パンダチャンネルーww

  18. 何だかんだ面白いんだァ

  19. パンダ羨ましいw

  20. なんやこいつ…

  21. うぽーつ!(*゚∀゚)

  22. 早コメ!

  23. 早コメ!

  24. 別にゆっくり実況はそこまで好きじゃないんだが、Mochiさんだけはなんか見ちゃうんだよなぁ。

  25. ゴールデンクマに抜かれてほしいパンダだw

  26. パンダ餅カッコいい

  27. なんかPUBG以外になんかあるんだよなぁーなんだっけな?みなさん教えてくれません?自分の予想はフォートクラフトだった気がするんです

タグ一覧

関連記事